わかるようでわからないふるさと納税

お金について

こんにちは〜ぽんずんでーす

今日もすんばらしい一日ですよ〜

ふるさと納税についてです。収入があり、税金を納めてる人が知ってとかする事間違いなしの、超絶お得なおすすめ度MAXの節税方法です!!

って言っても『お得』や『聞いた事ある』って方も沢山居ると思うし、そもそも何がお得なの??って疑問をお持ちの方も多いでしょ!!

そんなふるさと納税の魅力について一緒に学んで行きましょい!!

では本題に入りましょ〜!!

ふるさと納税とは!?

名前にふるさとってあるから、地元故郷のことかなぁーって思ってる方がほとんど??

実はそうではなくて、日本全国の各地方自治体に納税するってイメージ持ってもらったらいいです!!

①どこかの自治体に寄付をする。

②寄付した金額に応じて、翌年納めた分の税金が安くなる。

③寄付した自治体の返礼品を受け取る

ざっくり言えば、実質2000円で寄付先の自治体から返礼品が頂ける制度のことです!!

仮に5万円寄付したとしましょう

5万円を自治体に寄付すると金額に応じて30%〜10%ほどの返礼品を貰えて、尚且つ寄付した金額5万円-2千円で、4万8千円が翌年の税金が控除されます!!

この仕組みを知ってるとどれだけお得買って方が分かると思います!!

⚠️⚠️⚠️注意点もあるのでみていきましょう!!

ふるさと納税の注意点

  1. ①寄付金の上限
  2. ②手続きしないと控除がされない

順番にみていきましょ〜

① ふるさと納税の制度をお得に使うには自分の寄付金額の上限を知る必要があります!!1人の寄付金の上限額は、家族構成、収入で変わります!!

年収〇〇万円&家族構成でその人の寄付金額の上限がわかります。世帯じゃないので、配偶者や、親、子もそれぞれ上限が設けられるので、家庭には助かるとても良い制度ですよね

寄付金の上限を知りたい方はふるさと納税のサイトのシュミレーションから出すことが出来ます!!

Amazonギフト券10%還元中 マイナビふるさと納税

今ならAmazonギフト券が寄付金に応じて10%の還元があるのでさらにお得に制度を使いましょ〜!!

②ワンストップ特例制度や確定申告の手続きをしないと控除されない!!

医療費控除を受けてる方や自営業6以上の自治体に寄付する人は確定申告の必要があるので、ワンストップ特例制度が使えません!!

ワンストップ特例制度は確定申告しなくても、必要書類を寄付先に提出するだけで良い簡単な制度です!!

ワンストップ特例制度の自治体の上限数は5自治体なので注意です!!

専用の申告書類を寄付先からもらうか、ダウンロードして、本人確認書類を併せて期限までに返送すると手続きが完了となります!!

auの方はPontaポイントを貯めたり、使ったりする事が出来て、さらにお得です!!

旬の返礼品情報をお届け!au PAY ふるさと納税

まとめ

ワンストップ特例制度や確定する事で実質2千円で返礼品がもらえ、税金も控除される一度始めればやめられない、知って、得する制度なのでおすすめです!!

基本的には、12月末まで申し込み期限がありますが、自治体によっては期限が早かったりするので、しっかりと目を通すようにしてください!!

返礼品で選ぶのも良し、災害等で応援したい自治体に寄付するのも最近増えてきてるので、お好きなところに寄付をして自治体に活気を!!!

知らずに損する事が多く、知って得することも多いので、一緒に学び得していきましょ〜!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました